好きなんだからしょうがない。

アラサー目前にSixTONESの沼へダイブ。好きなことを好きなように。

SixTONESの英語について書いてみました。

何を書こうか降ってこなかったので(おい)、

前々から思っていたことについて書いてみました。

※私一個人の感想ですので、ご承知おき下さい。

 

何についてかと言うと。

SixTONESの英語について、正確にいうと発音について、です。

 

帰国子女ではありませんが、過去に留学していたこともあって日常会話と旅行に困らない程度には英語が話せます。

発音も私なりのこだわり(?)があって、日本人っぽい英語だね、と思われることが個人的に好きではなかったので結構がんばって発音練習してました。

 

そんな私なのでJ-POPを聴いているときに、歌詞の中に出てくる英語の発音が気になって仕方ない時期がありました。

今はあまり気にせず、割り切って聴けるようになったのですが。

 

若干の前置きが入ってしまいましたが、結論は何かというと、

SixTONESの英語の発音って結構きれいだな、すごい!」です。

(語彙力ない系人間なので感想が小学生レベルです。すみません・・・)

個人の好みももちろんあるので、ほんとに私一個人の感想です。

 

アメリカ人とのハーフであるジェシーがいるので、

グループ的なアベレージは高いかもしれません。

実際ジェシーの話す英語って、私が思うに耳あたりがよくて聞きやすい。

でも実はジェシーだけじゃないんですよね。

表立って英語で話したりコメントするのはジェシーだけですけど、他の5人も発音結構きれい。

意識しているな、というのがよくわかります。

(実際に勉強している、というエピもちらほらインタビューとかで出ていた気が。)

 

SixTONESの曲には英語がふんだんに取り入れられているものも多いので、自然とそっちを気にして聴きに行ってしまう自分がいました。

でもあけてびっくり、え、みんな発音きれい!気をつけてるっていうのすごくわかる!

(さっきと似たようなこと言ってますね?)

 

今回NAVIGATOが世に放たれて、余計にそう思うようになりました。

樹のRAP部分、スピード速いしRAPだから早口だし、日本語英語入り乱れるし。

でも発音きれいだし。いやもうすーごい。

 

日本語にない発音の代表格としてLとR、VとBの違いとか、thの発音とか。

単語と単語の繋がりとか、語尾を全部発音しない感じとか。

でもカタカナのところはちゃんとカタカナになってるし。

言葉にして説明するのはとても難しくてうまく伝えられないんですけど、

英語である部分とそうじゃない部分をちゃんと区別しているというか。

・・・・語彙力ないな、わたし。

(あ、個人的に、坊ちゃんのカタカナっぽい英語はすごく好きです。(え?))

 

思い返せば、Hysteriaの時から薄々気づいていたかもしれません。

(ちなみにNAVIGATORに新録されている方じゃなくて、少クラで歌ってた時の方。)

みなさんおなじみ、衝撃衣装(こら)で出てきた時のやつです。

 

もちろん滑らかさは新録の方がきれいで、洗練された感じはしましたが、

単語そのものの発音はJr.の時のHysteriaも十分にきれいだった。

 

私が特に好きなのは2番の樹の歌い出し、

Girl, Just let me hold ya, Kiss me like your lover

We'll never be friends, We keep on freaing, freaking, freaking 

のところです。

正直痺れました。ちゃんとLとRの区別つけてる。VとBの区別も!単語の繋がりも!

もう純粋に、「うまい、色気ある、最高!」と思いました。

でも曲全体を通して歌詞は激重という(笑)

6人が醸し出している雰囲気も最高に好きです。

Hysteriaは神曲!とおっしゃるteam SixTONESの方多いですが、

私も沼ったきっかけのJAPONICA STYLEを除けば一番衝撃を受けた曲だったかも。

 

まとまりがなくなってきてしまったのでこの辺でおわろう。

 

きっとこれからも彼らのスキルはいろんなところで上がっていくんだな、間違いなく。

それをずっとみていられることが幸せです💎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NAVIGATOR初週がおわりました。

題名の通り7月22日の発売日から数えた初週が終わりましたね。

(ねぇもう火曜日の夜ですけど)

私は考察一切できない系人間なのでほんとに思ったことを書くだけ(ついったーで書きなさいよ)なんですけど。

 

team SixTONESの勢い、ほんとにすごかったな。

いわゆるvoteも持ってるけどほんとに愛に溢れてたな。

(もちろんImitation Rainの時がそうじゃなかったってわけではありません)

今回、”ラフにラブを”がとても体現されていた気がする。

 

やっぱりデビューの時はいろんな意味で比べられてたし、

お互いのファンも引くに引けないみたいな空気が出ていたような。

第二の初陣ってメンバーの口から言ってくれたこと、team SixTONESの中には

救われた?報われた?みたいな気持ちになった方もいたと思う。

慎重に言葉を選んで伝えてくれるおかげですね。いつもありがとう!

 

で。

最初に断っておくと(もう最初じゃないじゃん)、どのくらい行くか全然読めなかった。

もともとJ界隈に詳しくないので、2nd、30万くらいいったらすごいのかなって思ってた。

(ほんとにすいません、悪気はないんです・・・・)

蓋を開けたらフラゲ日で40万枚ごえ。初動ハーフミリオン。

化物かいな!!!!!!🦓🦁🐻🦇🦔🦅

もちろん富豪刑事のOPをやらせていただいているから、そのご縁からSixTONESに触れてくださって、CD購入された方もたくさんいらっしゃったし、

実際ついったーで書き込みしてくださってる方もたくさんお見かけした。

 

でもそれって。Jに詳しくない方でも、SixTONESの音楽が刺さる方が多かったって思ってもいいのかなって。

かくいう私も、最初にJAPONICA STYLEのMVをうっかりみてしまった時は(←)

ジャニーズなのうっそ!?っていう感じだったので。

いい意味でジャニーズっぽくない。

ジャニーズだけどジャニーズっぽくない。キャッチコピーにしてほしい(単純)

 

でもちゃんとアイドルしてる彼らのことも知ってるって、なんかうれしいなって。

・・・何目線?笑

 

あかん、まとまりがなくなってきたので書くのをやめよう。笑

2nd NAVIGATORで音楽IQハーバードなSixTONES

 

これから先どこまでいっちゃうのか・・・めちゃくちゃぞくぞくするな💎

 

 

 

 

SixTONESにズドンしました。

さて。

備忘録の意も兼ねて、SixTONES人生のきっかけをまとめてみました。

 

先に書いておきます。

気の向くままに書いているので、順番とかいろいろしっちゃかめっちゃかです←

 

私がSixTONESと出会ったのは2018年、アーティストプロモの広告がYoutubeに流れていた頃のこと。

もう1年半ほど前の話になりますね。え、早いな・・・

私はJAPONICA STYLE MV出です。

正式に言えばMVというか、広告出、になるのかな。

きっと多分私以外にもたくさんいらっしゃると思います。

ジャニーズをデジタルに放つ新時代っていうキャッチコピー、強いよなぁ。

 

何を見ようとしていたのかはもうすでに闇の中ですが←

何かをYoutubeで見ようとしていたときに、広告でJAPONICA STYLEが来たんですよね。

広告をスキップをクリックしようと思ったら、間違ってジャニーズJr.チャンネルのMVページに飛んじゃって。あ、間違えたってなったんですけど、まあいいやと思ってそのまま流して見てたんです。(失礼)

 

何気なく見てたんですけど、

1回目:「え、まって、曲めっちゃかっこいいな、好きかも。もっかい見よ」

2回目:「うわ、がしがし踊っててかっこいいな。もっかい見よ」

3回目:「え、まってこの子めっちゃ綺麗だな。女捨てたい← もっかい見よ」

4回目:「うわ、千手観音みたいじゃん!すご!もっかい見よ」

5回目:「えぇ、ちょっとごつめなのにそんなかわいい声なの!?もっかい見よ」

6回目:「まって、皆それぞれめっちゃいいやん。目おいつかんからもっかい見よ」

N回目:「え、ジャニーズってこんなグループあるの?!やば、もっかい見よ」

毎回の気持ちを書くとキリがないのでSixTONESらしく6回+αまでにしておきます←

記憶も薄れつつありますが、この辺はガチで思ったこと。

 

とにかく、毎回発見すること・思うことが違いすぎて無限ループしてました。

(まじで何見ようと思ってYoutube開いたのかぜんっぜんわっかんね。)

 

今まで周りにいわゆるジャニオタの友達もいなかったので、

(いたかもしれないけど親しい友達にはいなかった)布教されることもなく。

中学校くらいの時にV6にちょっとはまって、CDレンタルしてiPodに入れる、くらいでした。

 

元々アーティストを追っかけるというより、曲で「あ、これ好き」となってそれを買ったりかりたり、というスタンスがほとんどだったから余計なのかもしれません・・・。

ジャニーズに関しては、有名な曲のサビを知ってる、くらいのことが多かったかも。

自分で好んで聞くのは洋楽の比率が多め。一時EXILEにはまったこともあったな。

それ以外はこの曲好き方式でいろんなアーティストを雑多に聞くみたいな。

K-POPも時たま聞いたり。アニソンもハマれば聞く。ほんとに雑食。

 

そんな私のところに、まるで天からの授かり物のごとく降ってきたのがSixTONESでした。

さっき6回目+αまでのプチ感想書いたんですけど、”衝撃”の一言がぴったりだったと思う。

あの時間違ってクリックした私、ほんとにありがとう。でかした!←

 

そんな訳でJAPONICA STYLEのMVをきっかけに、ジャニーズJr.チャンネルの存在を知った訳で。

何の気なしに、一番最初の動画から順番に全部見ました。

文字通り”全部”、一日で。

 

見たい!っていう欲求が止まるところを知らなかったとでもいうか、

まだ見たい!のリピートなわけで。

 


SixTONES 3月21日オープンに向けて心境は…?

 

これが一番最初の動画ですね。なんか遥か昔のことのような・・・。

ジェシーくん短髪!映画少年たち仕様でしたかね。

 

この動画に始まり、当時だとここらへんまで多分上がってました。


SixTONES「IN THE STORM」(「ジャニーズJr.祭り2018」単独LIVE in 横浜アリーナ)

横アリのIN THE STORMですね。

 

SixTONESを知ってから自分なりにいろいろとジャニーズの制度を調べてみたんです。

上がっている動画のうち何本かパフォーマンス動画もありましたけど、それらを見て

「デビューしてないの?!うっそ?!デビューってなんなん?!」

と(心の中で)叫んだことはよく覚えています。

グループ単体のファンクラブはないのか、そうか・・・と思いながらジュニア情報局に入ったんですよね。

 

あとギャップね、ギャップ。

パフォーマンス動画と企画動画のギャップが激しすぎて!!!!!!

毎回お腹の底から笑ってますね。

幅広すぎじゃね?!って突っ込みました、はい。

どの回もほんとに好きだけど、最初の方で好きなのは間違いなくKYゲームの回だなぁ。

低予算高クオリティ、大好き!素晴らしい!(何目線)


SixTONES【KYゲーム】空気が読めないのは誰だ!

 

ちょっとそれましたが。

たくさんの衝撃から始まった私のSixTONES人生。

一気に引き込まれたのはこの時。


SixTONES @ YouTube FanFest Music JAPAN 2018 | 「JAPONICA STYLE」「IN THE STORM」「Amazing!!!!!!」

実は私、これ見に行けたんです。

アラサーOLですので、平日は基本的にお仕事なんですが、この日、元々ゴルフ行く為にお休みもらってました。

私は地方住みなのですが、幸運なことに新幹線の駅が割と近くにあります。

6人の大男たちがこれに出ると決まった時、うわぁ見てみたいって思いました。

(実はちょっと軽い気持ちでした、すみません)

 

いつかなーて思って日にち見たら(以下私の心の声をお送りします)、

うわ平日かぁ・・・え、まって。

ゴルフ行くのに休みもらってる日やん。終わってそっこー駅行ったら

間に合うやつじゃない・・・?

よっしゃ、申込してみよ!

・・・・・・え、当たった!?嘘!?

Youtubeからのメール見た時はガチで「嘘!?やば!!」と言いました。

 

そんなこんなで東海地方から幕張の地に降り立った私。

フットワークの軽さをガチ褒めしたい。

でも実はちょっとだけ遅刻しました←

遅刻組は一様に元々の席じゃないところに案内されたんですけど、いわゆるアリーナ席みたいな位置で。ものすごく大男たちがよく見えました。

実感湧かなさすぎて、終始真顔だったと思う。

あっ・・・SixTONESって実在してたんだ(当たり前)・・・ってなりましたね。

 

私の本格的なスト担としての歩みの始まりでした。

 

あぁぁぁぁぁああああああ。過去仕事で東京に住んでたこともあったのに

どうしてあの時知らなかったのかなぁあああああぁあぁぁぁあ!

 

ふぅ。

過去のことを言っても仕方ないですね。全ては巡り合わせですし。

でも逆に今で良かったのかもしれない。そう思うことにしています。

欲を言えば、若くて今よりもっとキラキラしている彼らをリアルタイムで追いたかったという気持ちもありますが・・・。それは仕方ない。

なので今私なりの全力で推してます。これからも推していきます!

 

そうそう。

ジャニーズ界隈に足を踏み入れるのは初めてだったので、

日々諸先輩方(勝手にフォローしてそう呼んでいる)からいろいろ学んでいます。

team SixTONESの方たちはほんとに優しい。

わからないと声を上げれば懇切丁寧にいろいろ教えてくださるし。

ファンはその人の鏡だとよくいうけれど、まさにそうだと思う。

とっても優しくて気遣いの上手い人が多い。私もそんな一人でありたい。

 

まだまだ書きたいことあるけど(まじで?)、まとまりなくなりそうなので

ここらで一旦締めたいと思います。

お読みいただいた方、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログはじめてみました。

アラサーOL、SixTONESの沼にドボンとはまりました。

と言っても、はまってからは少し時間が経っていますが・・・

 

今回PCを新しくしたこともあり、実はちょっとブログとか

書いてみたいな、なんて思っていたりしたので

いいチャンスかなと思ってはじめてみます。

 

自分の備忘録も兼ねて、思うままに書いてみます。